魔城BBS

365073
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

陶都物語書籍化 - 旅人

2017/03/06 (Mon) 01:01:08

おめでとうございます。

彼が私の中で果てたとき・・・ - 愛

2016/05/03 (Tue) 16:14:32

先日初めて不倫しちゃいました。

結婚してから旦那以外の男性と、親しくお付き合いする事も無く12年間過ごしてきました。
数年前から「本当にこのまま年取っちゃっていいのかなー」って思い始め

勇気を出して「ヒトヅマッチング」に登録しました。

たくさんのお誘いをもらったんですが、家から少し離れた方とメールのお付き合いを始めました。

それから毎日メールのやり取りをしていたのですが、彼から

「仕事で近くまで来るので一緒にお茶でもしませんか」

とお誘いがあり、迷ったのですが

「お茶だけなら」

とOKしました。

前に「ヒトヅマッチング」で写メは貰っていましたが、実際に会ってみると写メより感じが良くてほっとしました。

喫茶店でのお茶の後は、ちょっと強引にホテルに連れて行かれました。

会ってその日は無いと思っていたのですが、ドキドキしていて

彼に手を引かれてホテルに入ってしまいました。

部屋に入ると彼が腰に手を回し唇を重ねてきました。

頭の中が真っ白で、顔が火照っているのが自分でもわかりました。

彼の指が私の胸や腰をそっとなでるので、感じて声を出してしまいました。

彼の手がショーツの中に入ってきた時は自分でも恥ずかしくなるくらい濡れていました。

シャワーの後、彼と激しく愛し合いました。

初めて会った彼のものを咥えるなんて思ってもいませんでした。

彼が私の中に入ってきた時も、大きな声を上げてしまいました。

彼の重みを感じながら、しっかりと彼を私の中で感じていました。

彼が私の中で果てたとき、少し罪悪感を感じました。

でも、こんなSEXは久しぶりでした。

折角、「ヒトヅマッチング」で出会う事が出来たので

もう少し、彼とは付き合ってみようかな・・・。

陶都物語が読めません。 - ネボラス

2016/04/12 (Tue) 06:20:37

なろうで見かけてこちらに来ました。

陶都物語、かなり面白いです。

こちらのサイトの陶都物語の11章~205章が読めません。なんとかならないでしょうか……。

Re: 陶都物語が読めません。 - 読者D

2016/04/13 (Wed) 14:13:25

webarchiveでググルと幸せになれるかもしれない

Re: 陶都物語が読めません。 - 似た人

2016/04/15 (Fri) 16:54:54

読者Dさんありがとうございます
ネボラスさんではないですが助かりました!

Re: 陶都物語が読めません。 - 似た人2

2016/04/18 (Mon) 22:07:00

幸せになりました(^0^)

Re: 陶都物語が読めません。 - 似た人2

2016/04/20 (Wed) 20:14:36

最後まで読みました。
太郎との確執部分が一番面白かったです。

話の展開が早いのはいいと思いますが
なろうバージョンでは
もうちょっと緩急つけた方がいいかもと思いました。

江戸に行ったかと思えば長崎とめまぐるしく
勝海舟とか誰でも知っている有名人が出てきたり
その箸休め的に、日常パートとか他の登場人物の心情を掘り下げる閑話があった方が読みやすいと思います。

Re: 陶都物語が読めません。 - 似た人2

2016/04/21 (Thu) 08:03:28

あとは、太郎叔父との確執部分で
前世の記憶にとんでもいいかもと

両親が健在ということだったので
その家族についての掘り下げとかあれば
共感が抱きやすいと思います

他に従業員との関係や
経営者としての体験談とかも

江戸に長崎に、いくら現代知識があると言えど
どうしてこんなに活躍出来るのか
説得力が生まれると思います

Re: 陶都物語が読めません。 - 「F」

2016/04/30 (Sat) 06:12:31

個人的にはエタることなく更新があって続きを読むことができる、ただそれだけで幸せです。
歴史という題材は、読み手の側もついついあれこれ言いたくなりがちです。
しかし、そこをぐっとこらえて見守ることも完結への道筋をつけるためには必要です。

作者様もあらかじめ仰っているように、このお話はフィクションであり、歴史という題材を用いたファンタジーなのですから。

Re: 陶都物語が読めません。 - (*^▽^*)

2016/05/01 (Sun) 22:02:58

幸せになれました♪
webarchive教えてくださってありがとうございます~m(_ _)m

第1の難関 - 47度目

2016/05/01 (Sun) 14:57:35

他の作品も読んでいたので、きっと戻って来てくれる信じていましたが、実際に目にするとやはり嬉しいものです。

問題の個所にさしかかりましたが、登場人物を真っ正面から「生身の人間の感情」を考慮して表現(しかも草太視点という縛りつきで)するという挑戦に喝采しています。実際、今回の改稿は非常に素直に読めました。他の場所も、無駄を省いた引き締まった内容になっていて、時間を空けての改稿の妙を楽しませて頂いています。

ところで「祖父視点」とか「太郎視点」とか「スパイによる身元調査」とかを「陶都こぼればなし」とでも銘打って本編とは別の番外編で書いても読者としては大歓迎ですよ。なろうレベル(読みやすいのが好き)の読者を納得させるには手っ取り早そうだし。

追:今回のって、きっと首相は身元調査の際に知ってしまうだろうから、後日独立の話を持って来る時に、「おまえがこないだ小便小僧なんかになったからこんな事になるんだぞ」と釘を刺されて仕舞いそうですね。ただ、本家とのつながりは株を分けてもらう為に必然だろうけど。

追2:第三者増資で株を得るって方法もあるんだよね。いまなら祖父が株を持っている訳だし

さて、ここまで来ると、20回後ぐらいに屋敷の話が出てくるので、昔の住宅事情(これは異世界ファンタジーでも同じだと思う)を一応参考程度に書いておきますね。作者さんのプレッシャーを高くするのが本末転倒だとは分かっていますので、以下無視される前提での独り言です。

どんな平野でも100-200m単位で僅かな凸凹があり、そのうち田んぼは低地(洪水に浸されやすい場所)に、畑はちょっと高い所、そして自作農の住宅は一番小高いところに作っていて、なかでも庄屋クラスは残丘みたいなちょっと小高い所に作っていました。だから水汲みが大変で、井戸技術が発達したのでした。これが欧州だと、水管理農業をしないから、湿地は始めから避けられ、洪水を起こし難い川の横が家を建てる適地だったりします。川の勾配が緩やかで交通によく使っていたという理由もあるかとおもいます。

消えてる - ebi

2016/04/26 (Tue) 13:38:36

陶都物語をこちらで読もうとしましたら全部消えておりました。
 なろうに投稿するためなのでしょうか?

Re: 消えてる - 読者D

2016/04/28 (Thu) 10:24:02

面白い小説の続きを見たい!という気持ちで興奮しすぎて周りが見えていないのはよく分かった。

とりあえずこのBBSをスクロールしていくんだ。

陶都続きが楽しみ - ずんだ餅

2016/04/25 (Mon) 01:37:02

「なろう」でお見かけしコチラにやってきました。
大変面白く、一読で虜となりました。
まだ紆余曲折があるのでしょうが、205話の3年後の横浜開港交渉でどんな天狗風を吹かせてくれるのか、三貨制度の崩壊の原因ともなった金銀の国際交換レートを使ってどうかっぱぐのか等楽しみでたまりません。
気持ちとしては、はよはよーですが「なろう」で205話においつくまで気長にお待ちしております。

結果が全て 陶都物語の続きが見たい

2015/08/28 (Fri) 17:29:06

これまでに陶都物語を10回以上読み直し、非常に小説を楽しませて頂きました。
毎週更新がないかをチェックしています。

いずれ、何かの拍子に最新話が投稿されるのを楽しみに待っています。


あと、掲示板に書き込み人たちへ
掲示板に書き込むのは自由ですが、発言には責任を持ちましょう。

100人中90人は陶都物語の更新がストップしたのは不毛な議論だと私は考えています。
事実・真実だから何を言っても良いのではありません、良い結果に結びつく場合にのみ事実・真実を言うことが推奨されます。
父親が蒸発した子どもに母親が「パパは遠くに仕事にいったのよ」と事実と異なる事を多くの人が許し、他者が「オマエの親父は夜逃げした」と指摘するのは多くの人は許さないでしょう。

推奨されない発言
・他者、特に著者を否定する発言
・周りに悪い影響があると予想できる発言
・自己満足以外に周りに良い影響を与える可能性が低い発言

再開希望 - Kei

2015/10/12 (Mon) 17:09:46

同意です。

作品は歴史シミュレーションではなくて史実と異なるフィクション、あるいは歴史を題材にしたファンタジーなんですけどね。

あまりにも幕閣としての仕事が忙しくて、窯の仕事ができないのがつらいです。地元は大丈夫なんでしょうか。

更新気長にお待ちしております。

Re: 結果が全て - ageてみる人

2016/04/22 (Fri) 22:37:41

なろうでの更新ありがとうございます。
また楽しく読ませてもらいます!

ついでにまた議論な掲示板になりそうなので、
その通りだなぁと思ったこちらのスレををageておきます。

無題 - あきすての

2016/04/13 (Wed) 15:42:23

なろうで見て久々に読んでみましたが、
2年ぐらい前に理想郷の捜索掲示板で見つけた時は
序章の「お客様は神様です」と「のたまわう」でブラウザバックしたのを思い出しました。
その後他のサイトでもオススメされてるのを見て読んで気に入りましたが。
本編を読んで気に入った後なら気にしませんが、しょっぱなの面白いかどうかまだわからないところに違和感覚える言葉2連発は読者を逃がすと思います。

Re: 無題 - つんでれ

2016/04/13 (Wed) 20:05:26

何このツンデレ。ツンを意訳するとこうかね

なろうで見て久々に読み返させていただきました。
この作品に出会うきっかけは2年くらい前の理想郷の捜索掲示板です。
当時は序盤で大きな違和感を覚えたため序章までしか読みませんでした。
その後、他サイトでも推薦を機に全話を一気に楽しく読ませて頂きました。
これからも楽しく読ませていただきますので頑張ってください。

ーー以下違和感を覚える箇所、理由を箇条書きーーー

Re: 無題 - あきすての

2016/04/13 (Wed) 21:52:04

ツンのつもりはないですが匿名掲示板のノリが抜けきらなかったようです、すみません。

・お客様は神様ですという言葉は三波春夫が最初に言ったらしいので
商魂たくましいご先祖様呼ばわりは違うんじゃないかと思いました。

・のたまわう、は辞書を引くと、のたまふ(古語)とあります
のたまう、が正しいのではないでしょうか。

重箱の隅だとは思いますが、内容で判断する前に誤字や改行の見づらさ等で読まずに閉じることは、なろうではよくやるので、土俵に上がる前につまずくのはもったいないと思い指摘させていただきました。
とはいえ、なろうのランキングには既にのってるので余計な心配でありましたが。

ご心配おかけします - 管理人

2016/04/09 (Sat) 10:11:23

ヘタレな作者で申し訳ありません。
歴史物の重圧に負けてしまいました。

ぽちぽちと引っかかってた箇所の修正をしてたんですが、そのモチベの維持も難しくなってきましたので、思い切って新規公開をはじめました。
場所はなろうさんです。

今回は初めから「フィクション」であることを宣言した上での公開といたしました。もともとすごいお気楽なお話のつもりではじめたやつなので、その心持ちに立ち帰るつもりです。

そちらでまたお付き合いいただけたら幸いですm(_ _)m

Re: ご心配おかけします - おいも

2016/04/09 (Sat) 10:53:51

素晴らしい作品を読ませていただいて感謝しております。

自分は歴史に無知なので、作者様が腐心している歴史的事実との整合性
そしてそれの逸脱から得られるカタルシスを十分に受け止めれていないと申し訳なく思っていました。
自分を基準にするのは厚顔だとは思うのですが
大部分の読者は作者様の苦労から得られる深みを享受できているとは思えないので
フィクションへの移行のデメリットは殆ど無いと思います。

Re: ご心配おかけします - 旅人

2016/04/09 (Sat) 12:44:39

微妙に変わっていて、とても楽しみ。

Re: ご心配おかけします - あきつしま

2016/04/09 (Sat) 14:30:22

戻ってきて下さり本当にありがたいです。
歴史物といっても史実に忠実に進んでいってはなんら物語りが始まらないですし、読みたいとも思わないと思うのですけれどもね・・・
これも私個人の勝手な思いなので判りませんが、歴史的史実に色々な作者様の解釈やこうであったら面白いなという思い、それに物語の都合(?w)が加わって、初めて読みたいと思えるものになるのだと思います。
それが歴史物でしょうし、例えば司馬遼太郎先生の物語だって司馬史観と呼ばれる司馬先生の解釈によって成り立っているだけなんですからね・・・

なろうさんの方でも早速ブックマークさせて頂きました。
作者様の思うとおりに、また無理をされない限りで続けていただけたらと思っています。

Re: ご心配おかけします - 心配していましたよ…

2016/04/09 (Sat) 23:10:16

広告が消えているので更新された!と思い最新話を読もうとしたら更新日は15年のまま……
どうゆう事かと掲示板に来てみたら移転でしたか
早速なろうでブクマさせて頂きました

これからも応援しております!

Re: ご心配おかけします - 読者D

2016/04/11 (Mon) 11:56:41

早速ブックマークさせて頂きました。

更新を楽しみに待っていますので
無理しない程度に頑張ってください。

Re: ご心配おかけします - あなぐま

2016/04/13 (Wed) 02:15:46

初書き込みになります。始めまして、戻ってきていただきありがとうございます。なろうでも応援してます!!

良かったです! - サトザキ

2016/04/10 (Sun) 21:04:51

何日かに1度は更新してないかなーと覗いていたのでなろうのランキングに上がっていて驚きました!
陶都物語が読めれば何処でも構いません、どうかまふまふさんのモチベーション上がってくれたら……!!
マイペースで頑張ってください、楽しみにしています(^^)


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.